アールエコ

 株式会社アールエコ

環境をアートする

浄化槽保守管理

 浄化槽とは、主に生活排水をキレイにしてから、自然に返す装置です。 
私たちが生活(台所・お風呂・トイレ など)する上で使った水は、下水道が整備された地域では下水処理場で処理された後、河川等へ放流されます。
 浄化槽は、下水道が未整備の地域において、汚水を処理してから、川や側溝へ放流する”小さな下水処理場"ともいえます。
浄化槽には、家庭から出る汚水を処理する小型浄化槽、アパート・店舗などの汚水を集中処理する中型浄化槽、 団地などの汚水を処理する大型浄化槽、地域の汚水を処理する集落排水処理施設があります。
アールエコでは、それらすべての浄化槽の保守点検を行う許可・資格と、経験があります。
 
浄化槽保守管理作業1
 
浄化槽保守管理作業2
 
弊社では、浄化槽の正常な機能の維持、異常・故障などの早期発見による改善提案を行うため、駆動装置等の機器類や、単位装置(機能ごとに分かれている槽)の定期点検、水質測定、並びにそれらに伴う調整などを行っております。
 
浄化槽は「浄化槽法」という法律によって保守点検の実施が義務付けられています。
住居の新築、お引越しなどで新たに浄化槽をご使用になられる場合には、お問い合わせ下さい。
 
《お問い合わせ先》施設管理部 ℡086-281-4455
 

公開日:
最終更新日:2018/09/10